ごあいさつ

創業から積み重ねてきた日動化学工業の歴史

昭和59年3月、前職の営業所であり愛妻の田舎でもあった福山市神辺町にて創業。
この時社員は私ひとり、職場は自宅の軒下、しかも資本金は20万円という状態からスタートしました。
前職での染色・繊維の知識を生かし、デニムジーンズ業界をメインに界面活性剤及び油剤の製造販売を開始。
その後ジーンズ加工用セラミックストーンの研究開発、ジーンズ加工法として不定形紋様加工・皮革調加工の特許を続けて取得しました。

当時はジーンズ加工が今ほど認められておらず、相談されたらそれに答えるというやり取りを繰り返し、地元の繊維業者と共にジーンズ業界を盛り上げていきました。
その中でジーンズ製品の包装に関しての特許取得や、グラビア印刷、超音波によるチュービング加工、クリーニングカバー製袋加工などもスタート。
特にクリーニングカバーにおいては、全国シェアは年間300万mとなりました。
創業から積み重ねてきた日動化学工業の歴史

日動化学工業ならではの"ひと味違う"プラスα

日動化学工業ならではのひと味違うプラスα
例えばクリーニングカバーの製袋加工は、印刷されたフィルムと不織布を超音波で張り合わせ、通気性の良い袋を作成します。

一般の印刷工業ではそこまでですが、私達は「化学」の会社です。印刷の工程で防虫効果のある薬品を含浸・コーティングするなどプラスαを施します。
同じ商品でも、他社とは"ひと味違う"工夫をプラスするのが、「日動化学工業」ならではの商品づくりのモットーです。私達のような零細企業では、世の中をリードするような大きな仕事をするのは実際に困難です。

しかし零細企業ならではのフットワークの軽さと柔軟な発想力を武器に、大手がカバーしきれない小規模な市場をターゲットにしたニッチなビジネスを行っております。

その隙間を狙うためには、日々開発される新技術を注目し続けながら、私達ならではのひと工夫を加えてお客様にご提案していかないといけないと思っています。

仕事に対するポリシー

仕事をしていく上で大切にしていることがあります。それは
「五感を使う」ということ。 例えばお客様に商品の使用感を聞く場合、電話で聞く事と、実際に会社まで行って目を合わせて聞く事では大きな違いがあります。

電話だと質問に対してピンポイントでしか答えが返ってきませんが、実際に会うことで声だけでは分からないニュアンスを感じたり、一見関係ない工場内の様子に気づくこともあります。
「見る」「聞く」もしくは「匂う」など、自分の体で感じた事は目に見えない知識として蓄積されていき、それがやがて「ひらめき」を生むのだと思います。そのひらめきこそが、ものづくりにとっては重要なことなのです。

疑問に思った事も、最近ではすぐにインターネットで調べて終わりということも多いですが、それだけではなく色んな人との意見交換から生まれることや、今までに経験した事からの応用によって、答えが出る事もあります。
仕事の領域だけではなく、様々な事柄に興味を持ち、体験してみることで生まれた疑問や経験、それが新しい商品を生み出すことにも繋がるのではないかと思っています。
仕事に対するポリシー

教室の外に学んだこと

仕事に対するポリシーは、群馬県で過ごした少年時代の経験が基になっています。子どもの頃の私は、教室で机に向かって勉強するより、山や川などの自然の中で駆け回ったり、帰り道での工事現場などを眺めるのが好きな子どもでした。
作業が終わるまで毎日眺めているうちに、仕事の流れや段取りが分かってきて、現場の人が動く前に次の工程を察して手伝ったりしていたものです。
そのように実際に体を動かして体験してきた事が、ペンを持って勉強するだけでは分からない、様々な事を私に教えてくれました。
教室の中より外で学んだ事の方が多かったですね。

社会人になってからは、繊維会社で染色について勉強する傍ら、プロスポーツ選手を目指していました。
毎日朝3時に起きて毎朝100キロ走って会社まで通い、関西のプロのもとに弟子入りもしていました。

そんな生活は22歳まで続きました。その後は化学関係の会社に入り、独立したのは38歳の事です。

毎日一歩ずつ進んでいく

今後の展望ももちろんありますが、未来の事より、やはり毎日一歩ずつ着実に進み続けたいですね。
「365日のマーチ」という歌がありますが、私達は一歩も下がる事なく、小さな一歩でも前進し続けたいと思っております。常に新しい技術に取り組み、お客様に「日動化学工業なら解決できる」と思ってもらえるよう日々取り組んでまいります。毎日の努力による前進が積み重なり、「日動」の名の通り日本を動かす一歩になればと思っております。

日動化学工業株式会社

代表取締役

髙柳 恒五郎


日動化学工業と創る

お問合せ
アクセスマップ 社長メッセージ IEM製品の開発 顧客ニーズに合わせた飽くなき挑戦が日動化学工業を支えています。
▲ページトップへ